セラルクスエースPROで照度不足解消。
指示所がはっきりくっきり見えるようになります。

井川池田ICを降りてすぐ、風光明媚な吉野川のほとりに建つ渡辺鉄工所は、昭和45年創業の伝統を守りながらもいち早く溶接の産業ロボットを導入するなど、革新的な会社です。

プロを探していました。

7、8年前から、工場の暗さを感じていました。というのも、現在、社員の平均年齢が47歳で、60歳を超える社員も増えたことから「図面が読みづらい」との声が上がるようになっていたからです。実際に、一日で柱を5本組んでほしいところが、3本しか組めないということが起こっていました。

何とかしなければならないと考えていたところ、宮地電機さんが自社の新社屋建設に伴い、鉄骨の製品検査のため、当社に来社されました。以前よりお名前は知っていましたので工場の照明について相談させていただきました。

まずは品質!そのためには快適な作業環境づくり

以前、設計図面(青焼)のサイズはA0やA1が主流でした。しかし、今はCAD図面となり、サイズもA3がメインと小さくなり、細かな数字の見間違いなど不具合が起きていました。

私たちがお客様から信頼をしていただくためには、まずは品質です。良い品質の製品を製造するためには、工場管理・品質管理・安全管理が重要です。そのためには設備投資をして、快適な作業環境をつくることが大切だと考えています。それが結局「効率を良くする」ということだと思います。

同じ消費電力で倍のパワーが出る照明

照度不足解消案として「同じ消費電力で倍のパワーが出る照明があります!」と紹介されたのが、このセラルクスエースPROでした。取り付けてみて、非常に明るい!明るくなって良かった!徳島県内の同業者も見学にきましたが、宮地電機さんの宣伝をさせていただきました(笑)

私としては、最近よく言われる省エネ(電気代削減)よりも、現場に不具合がないことが優先でした。今回、明るくなって不具合が無くなり、さらに電気代がほとんど変わらないか、それ以下という結果に満足しています。

製品と現場の人間

信頼を得るためには、図面以上の製品を与えられるように、と心掛けています。そして、その製品とともに、現場の人間の挨拶・作業姿勢・後片付けなどが営業になっていると思います。

宮地電機さんも、担当してくれた方々がきめ細かくて、素晴らしいです。例えば、「昭和22年の創業以降、増改築を繰り返したために工場内のスイッチがバラバラで、いつも探し回って困っている...」と相談したら、過去の他社の仕事なのに、回路を調べて、スイッチを分かりやすく図示してラミネート加工したものを貼ってくれました。

どんな相談をしても丁寧に対応してくれるし、まめに来てくれますし。これからも照明に関わらず、どんどん色々な提案をしていただきたいですね

ファクトリー営業部が担当しました

私たちは誰しも、年齢を重ねるごとに、若い人には十分な明るさを「暗い」と感じるようになります。 渡辺社長より「うちの工場は暗い」というお話を伺った時、まず浮かんだのが、セラミックメタルハライドランプです。 特に岩崎電気のセラルクスエースPROは、ただ明るいだけではなく、水銀灯より太陽光に近いため、指示書がハッキリくっきり 見えるようになります。LED という選択肢もございましたが、セラルクスエースPROも十分に 長寿命であると言えますし、イニシャルコストとのバランスが優れています。 これからも照明に限らず、適材適所のご提案をさせていただきたいと思います。

ファクトリー営業部長 武智敏博

協力 国土交通大臣認定工場Mグレード 株式会社 渡辺鉄工所(井川工場) 

〒779-4806 三好市井川町西井川3番地 TEL (0883)72-2234/FAX (0883)72-6285
<事務所>E-mail watanabe-fe@ctm.ne.jp <設計>E-mail nabechan@ctm.ne.jp