道後温泉 あたたかい宿 谷屋
道後温泉暖かい宿 谷屋様 全館白熱灯からLEDへ
道後温泉 あたたかい宿 谷屋 女将 竹林 淑子 様
 
道後温泉街の入口に位置する谷屋様
 
見たい画像をクリックしてください。
いいものを採り入れることに関して、余所に負けてはいけない。
道後温泉 あたたかい宿 谷屋  女将 竹林 淑子 様
客室を拝見する前なのに、玄関からこちらのライブラリー空間までの移動ですっかり魅了されました。こだわり抜いた意匠を感じます。
 
こちらを現在の形にリニューアルする時は、丸一年間休業して日本中の成功している宿をめぐりました。使っている家具やふすまは、谷屋開業当時から使用していた物や蔵に眠っていた物がほとんどです。やはり古いものを大事に受け継いで、その良さを伝えてゆきたいですから。
 
その中でLEDのような最新の物を投入されることに不安は?
 
それは全く考えたことがなかったです。やはりいいものを採り入れることに関して余所に負けてはいけないと思いますから。
 
今回は、館内外の白熱球を全てLED化されましたが、きっかけはどのようなことだったのでしょう?
 

当初LED化を提案された時は、色味に関して不安がありましたし、本当に電気代が下がるのか懐疑的でした。
そこで、まず「うすずみ桜」と「初子」、共用部をLEDにしてみたんです。すると、宿全体の電気代が下がったんです。宿は24時間点灯する箇所が多いですからLEDはピッタリでした。
それから、電球の寿命の問題。白熱球だった頃は、上を見ると電球が切れているといったイメージでした。この5年間でいくつ白熱球を買ったのかしら?(笑)。それに白熱球だから暑かったんです。LED化は冷房代にも良い影響があるんでしょう?今年の夏が楽しみです。

 
きっと良い感じに下がるのでは。ご期待ください。
 
LEDに変えて明るくなりました。これは嬉しいことだけど、宿の性質上、客室も含めほぼ全館にディマー機能(調光器)をつけました。夜が深くなり、お客様がお休みになる時には光を絞るなど配慮しております。
時代の流れを大事に、新しくていいものを取り入れながらも雰囲気を壊さないように細心の注意を払っています。
 
どうぞこれからも宮地電機にお手伝いさせてください。
 
電気のない生活はないので、お店をやっている限りのお付き合いがあると思っています(笑)。
「全てのお客様がリピーターになっていただけますよう」
道後温泉にいらしたお客様が、あちこち観光した後に素泊まりをなさる宿ではなく「この谷屋でゆっくりした時間を過ごすことが目的」と言われる宿を目指したいです。そのためにも私たちが120%の能力を出し切らなかったら、100%の満足がいただけないと思っておもてなしをしています。
道後温泉 あたたかい宿 谷屋 女将 竹林淑子
道後温泉 あたたかい宿 谷屋 道後温泉 あたたかい宿 谷屋
790-0842 愛媛県松山市道後湯之町2-4
TEL 089-921-8595
FAX 089-931-0773
http://www.taniya.jp

     

谷屋様は24時間点灯されている箇所が多く、しかも全て白熱球であったので、 LED化を提案させていただきました。
しかし、白熱球の良さである色味や調光による演出が旅館と上手くマッチしているため、
LED化によっていくら電気代が下がっても、雰囲気を壊してしまってはダメだと慎重に進めました。
実際にサンプルを取り付けてご覧いただきながらの取り組みであったため、
結果的に雰囲気は壊さず、電気代を下げることになんとかご協力できたと感じています。
本当に素晴らしい旅館だと感じたからこそ、お客様のお役に立ちたかったんです。
今後も、お客様に喜んでいただけるご提案で、Win-Winの関係を築いてゆけるよう頑張ってゆきます!


施設・住環境営業部 愛媛施設・住環境営業課

PAGE TOP