「印刷業界もLEDが主流になってくる。」

弘文印刷株式会社の場合 楠 淳一様

昭和25年に創業し、高知の街の印刷物を作り続けている弘文印刷株式会社様。
高知が幸福度ナンバーワンとなれるよう、仕事を通して貢献してゆきたい、
と語る楠社長が選択されたのは初期投資ゼロでラクラク導入の
「フラットX」プランでした。

弘文ビル 高知県史
 
LED照明での色の見え方。
 
Miyaji  

楠社長は、LED化の必要性をお感じになられたのだとか?

弘文ビル内
弘文印刷  

はい。私どもは60年以上に渡り、印刷に携わっております。
その中で時代の変化に伴って、LEDが主流になってきていることは、
感じていました。
これからは、お客様が当社の印刷物をLED照明の中でご覧になることが、
前提となってくる。...であれば、印刷現場もLED化すべきだと。

   


Miyaji  

なるほど。
お客様の周辺環境の変化にアンテナを張っていらっしゃるのですね。

弘文印刷  

そうです。
逆にLED化した工場で制作しても、お客様の環境光が蛍光灯や白熱球で
あれば、ズレが生じる訳です。
その点、これからLEDがますます普及してゆくことは明らかでしたから。

   


Miyaji  

LED導入に関しての懸念などはおありでしたか?

弘文印刷  

やはり、LEDだとどういう風に色が見えるか、それは気になりました。
印刷物は、色がとても大切ですから。

   


Miyaji  

実際にご覧になって、いかがでしたか?

弘文印刷  

想像以上に良かった、というのが率直な感想です。
LEDに関して色々なご意見があると存じていますが、私は、蛍光灯の方が
青白いように見える。
それに比べて、LEDの方が、そのものの色がよく見える。
全体的にも何の違和感も感じませんでした。

   


エアコンの効きも良い。
   


Miyaji  

LED化とともにエアコンの導入もなさったのですね。

弘文印刷  

実は、少し前から、エアコンが順番に一つずつ壊れてきたんです。
新しい機種の方が省エネ効果が上がっていることは周知の事実ですし、
ここは事務所ですので朝からつけています。
ですので、少しでも電気代の削減を図りたかった。
LED化と並行させたことで、エアコンの効きが更に良くなったと感じます。

   


Miyaji  

社員の方の評判などはいかがですか?

弘文印刷  

特に4Fの事務所で、古いエアコンを使っていた頃は「暑い」との声が
上がっていました。
新しいエアコンを導入してからは、そのような声は聞かなくなりましたね。
LED化に関しても「暗くなると思っていたのに、思ったより明るい」と
皆、喜んでくれています。
他にも、以前は蛍光灯のジャージャー言う音が耳にうっとおしかった。
LEDにしてから静かです。いいコトだらけですね。

   


「フラットX」で導入。
   


Miyaji  

宮地電機の"楽々お支払いプラン フラットX"のことは、
ご存知でしたか?

弘文印刷  

はい。『Miyaji LEDsフェア 2012』の会場で、説明を受けました。
省エネ商材を導入することによって電気代が減額になる。
その差額で省エネ商材の導入コストがまかなえる。
このプランであれば、LED=初期投資が高額で手が出ない、ということが
ないので、安心して導入することができました。

     
 
楽々お支払いプラン フラットX
フラットX

◆LED化する。
◆エアコン等の電化製品を最新型にする。
◆カーテンやシートなどで、窓の断熱効果を向上させる。

以上のような省エネ対策を図ると、確実に電気料金は下がります。
それが分かっていても、どうしても導入をあきらめてしまう。
それは、高額な初期投資が原因かもしれません。
私ども宮地電機は、お客様の経済的なご負担を、できるだけ軽減するため
「楽々お支払いプラン フラットX」をご用意いたしました。
フラットXをご利用いただくと、初期投資がゼロになるだけではなく、
場合によっては現金が残ります!
それは、省エネ機器を導入することによって生じる電気代の削減額に合わせて、
返済額の回数を選択できるからです。
「フラットX」の「X」は可変性を表す変数です。
お客様のご都合に合わせた、無理のない回数で分割払いをしていただけます。

宮地電機株式会社 経営開発室長 岡崎 強志
 
弘文印刷
   

 

   
 

例えば―、

料理人だとしたら、こだわりを持って料理したい。
ファーストフード、ファミリーレストランは目指していない。
じっくり取組んで、お客様に喜ばれる店をやりたい― という思いです。

《弘文印刷株式会社 楠 淳一》  
 

《弘文印刷株式会社》
〒780-0863 高知県高知市与力町5-16 TEL:088-822-0240 FAX:088-823-2051
【創業】昭和25年7月26日 【事業内容】一般商用オフセット印刷物・書籍・製本 【従業員】30名
弘文印刷株式会社ホームページはコチラから >> http://www.kobun.jp

 
 

PAGE TOP